クレジットカードの使い方を利用シーン別に解説するサイト

スーパー・デパートでのクレジットカードの使い方について

全国の、大手、中堅のスーパーやデパートでしたら、買い物の際にクレジットカードで支払うことができます。

スーパー

スーパーの場合は、おおむね、3万円以下の買物の場合はサイン不要です。
※お店によっては1万円以上はサインが必要という場合もあります。
※分割、又はリボ、ボーナス払いにした時もサインが必要となる場合もあります。
※ICチップ搭載のクレジットカードの場合は、暗証番号の入力で良く、サインは必要ない場合もあります。

スーパーの場合は、サインをすることでレジが混み合うことを避けたいですし、食品関係なら不正利用された場合でも換金性が低いということで3万円以下ならサイト不要としているようです。

ただ、同じスーパー内においても、衣料品売り場や家電売り場の場合は、サインが必要となる場合もあります。

また、テナントで入っているお店の場合は、クレジットカードが使えなかったり、クレジットカードを使える場合でもサインが必要となる場合もあります。

ちなみに、大手のスーパーですと、「JCB」「VISA」「Mastercard」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」ブランドのクレジットカードならほぼ全て使えます。

蛇足ですが、普段イオンで買い物をする方なら「イオンカード」、イトーヨーカドーで買い物をする方なら「セブンカード」、西友で買い物をする方なら「セゾンカード」ですと、毎月の特定日に5%割引やポイント優遇特典があるのでおすすめです。

その他のスーパーでも、そのスーパー独自でクレジットカードを発行していたり、クレジットカード会社と提携してクレジットカードを発行している場合もありますので、よく買い物をされるスーパーでクレジットカードを発行しているようでしたら、そのクレジットカードを作って使われるとお得です。


デパート

デパートの場合も、スーパーと同様に、食品売り場でのクレジットカード支払いの場合は、おおむね、3万円以下の買物の場合はサイン不要です。
※お店によっては1万円以上はサインが必要という場合もあります。
※分割、又はリボ、ボーナス払いにした時もサインが必要となる場合もあります。
※ICチップ搭載のクレジットカードの場合は、暗証番号の入力で良く、サインは必要ない場合もあります。

食品売り場以外やテナント店舗においては、3万円以下の買い物の場合でも、サインを求められる場合もあります。

「JCB」「VISA」「Mastercard」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」ブランドのクレジットカードならほぼ全て使えます。

これもスーパーと同様なのですが、各デパートは自社でクレジットカードを発行していたり、クレジットカード会社と提携してクレジットカードを発行していて、ポイント優遇などの特典がありますので、買い物をする機会が多いデパートがある方は、そのデパートのクレジットカードを作って使われるとお得です。