クレジットカードの使い方を利用シーン別に解説するサイト

楽天カード

楽天カードのカード面

楽天カード 公式サイト ≫
年会費無料のポイント高還元率クレジットカードとして、不動の定番的クレジットカードの楽天カード。
その人気はテレビCMの影響でさらに高くなっています。

楽天市場や楽天トラベルでの利用分はポイント還元4.0%以上
その他の楽天グループでの利用分はポイント還元2.0%以上
ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)など『街のポイント加盟店』での利用分はポイント還元2.0%〜3.0%
サークルKサンクスなど『楽天ポイントカード加盟店』での利用分はポイント還元2.0%
上記以外の飲食やショッピング、公共料金の支払い、電子マネーへのチージ分など通常の利用分についてもポイント還元1.0%となっています。

したがいまして、楽天グループ店舗以外での、普段使いのクレジットカードとしても、ポイント高還元率クレジットカードとして楽天カードは人気なのです。

※一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。

また、カード利用で貯まった『楽天スーパーポイント』は、楽天グループ店舗と楽天ポイントカード加盟店での利用なら、「1ポイント=1円」として、1ポイントから使えるので、ポイントの使い勝手から見ても非常に使いやすいポイント制度となっています

【楽天カードの新規入会特典】
新規入会された方には、もれなく『楽天スーパーポイント』を5000ポイント(5000円相当)をプレゼント
最低でも5000ポイントのブレゼントとなっていて、それ以上のポイントプレゼントとなっている場合もあります。



楽天カードの魅力をピックアップ


魅力的なポイント還元率

楽天グループ利用分はポイント還元率4.0%または2.0%以上

●楽天市場・楽天ブックス、での利用の際には、いつでも、カードでの利用金額「100円ごとに4ポイント」を付与。
その他楽天トラベルなど楽天グループ店舗での利用の際には、いつでも、カードでの利用金額「100円ごとに2ポイント」を付与。
楽天スーパーポイントの価値は「1ポイント=1円」相当ですので、還元率は4%または2.0%ということになります。

さらに、楽天市場をはじめ、随時、ポイント優遇キャンペーンが行われていて、ポイントが貯めやすい環境となっています。


街のポイント加盟店利用分はポイント還元率2.0.%〜3.0%

楽天カード『街のポイント加盟店』での利用の際には、いつでも、カードでの利用金額「100円ごとに2ポイントまたは3ポイント」を付与。

『街のポイント加盟店』には、ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)、紳士服のコナカ、メガネストアー、駅前コンタクト、エステティックTBC、アート引越センター、大江戸温泉物語、自遊空間などがあります。


楽天ポイントカード加盟店利用分はポイント還元率2.0.%

楽天スーパーポイントがリアル店舗で展開していた「Rポイント加盟店」が『楽天ポイントカード加盟店』と名称を変更しています。
そして、楽天カードにも、楽天ポイントカード機能が搭載されて発行されるようになりました。

このことにより、『楽天ポイントカード加盟店』での利用の際には、いつでも、カードの提示で「100円ごとに1ポイント」を付与、さらに、カードでの利用金額「100円ごとに1ポイント」を付与するようになりました。つまり、カード提示して楽天カードで支払うと「100円ごとに2ポイント」を付与となったのです。

『楽天ポイントカード加盟店』には、ガソリンスタンドの出光、サークルKサンクス、ミスタードーナツ、マクドナルド、カフェ&バーPRONTO、大丸、松坂屋などがあります。


通常の利用分についてもポイント還元率1.0%

楽天グループ以外でのネットショッピング、リアル店舗での買い物や飲食、公共料金の支払い、ETCの利用分などについても、いつでも、カードでの利用額「100円ごとに1ポイント」を付与。

※一般的なクレジットカードは、ポイント還元率0.5%の場合が多いですので、楽天カードの通常ポイント還元率1.0%はそれらのクレジットカードの2倍のポイントが獲得できるということになります。


電子マネーへのチャージ利用分についてもポイント還元率1.0%

楽天カードは、『auウォレット』へのチャージ分についても、チャージ金額「100円ごとに1ポイント」を付与。
『楽天Edy』へのチャージ分については、チャージ金額「200円ごとに1ポイント」を付与。

『auウォレット』へのチャージについては、Mastercardブランドのみがチャージ可能となっています。したがいまして、『auウォレット』へのチャージをお考えの方は、楽天カードをお申し込みの際に、国際ブランド選択で「Mastercard」をお選びください。


楽天スーパーポイントの利用とポイント交換
●楽天カード利用で貯まった『楽天スーパーポイント』は、楽天市場などの楽天グループや楽天ポイントカード加盟店でのショッピングの際に、「1ポイント=1円」として、1ポイントから利用できます。

多くのクレジットカードのポイントは、ある程度のポイント数(例えば500ポイントとか)にならないと使えない場合も多いですので、その点、楽天スーパーポイントは使い勝手の良いポイント制度となっています。

●楽天Edyへの交換もできます。「1ポイント=1円分」で、10ポイント以上1ポイント単位で交換できます。

●楽天スーパーポイントは、楽天グルーブでの利用以外に、全日空のANAマイルへ交換することもできます。

交換レートは「2ポイント=1ANAマイル」で、50ポイント以上2ポイント単位で交換できます。
ANAマイルへの移行手数料は無料です。


ポイント有効期限は実質的には無期限
楽天スーパーポイントの有効期限は、ポイント最終獲得月から1年となっています。
ただし、最終獲得月から1年以内に新たなポイント獲得があれば、それまでの獲得ポイント全てがさらに1年有効期限が延長されます。
したがいまして、楽天スーパーポイントの獲得が1年以上あかない限り、ポイントを失効することはありませんので、実質的には無期限であると言えます。


カード利用の安心制度
●楽天カードは、カード利用があれば、最短で2日後にメールでお知らせする制度『カード利用お知らせメール』があります。ですので、万一、身に覚えのないカード利用があった場合でも、迅速に不正利用への対処が可能となっています。

●不正利用のインターネットショッビングがあった場合、全額補償する『ネット不正あんしん制度』があります。

●楽天市場でネットショッピングした際に、万一、商品が届かなかった場合、カード請求額を取り消す『商品未着あんしん制度』があります。


最大2000万円の海外旅行傷害保険
楽天カードには、死亡・後遺障害保険金額最大2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されます。

ただし、利用付帯となっていますので、楽天カードで海外旅行商品代金や交通機関料金の支払いをすることで適用となります。

※例えば、『楽天トラベル』で海外旅行商品や交通機関のチケットを購入して楽天カードで支払えば、楽天スーパーポイントを獲得でき、海外旅行傷害保険も適用になります。


最短一週間でお届け
楽天カードはカード発行業務を迅速に対応しており、審査等が滞りなく進めば、最短一週間でご自宅等へお届けとなっています。
確実ではないですが、早ければ、当日または翌日にカード発行・郵送となり、もっと早いお届けとなる場合もあります。

ですので、お急ぎでクレジットカードが手元に欲しいという方にもおすすめの一枚と言えます。


クレジットカード年会費は永年無料
楽天カードは永年年会費無料となっています。
家族カードも永年年会費無料です。

ただし、ETCカードの年会費については、条件付きで年会費無料となります。

楽天カードで追加発行できる楽天ETCカードは、年会費が500円(税別)となっています。
ですが、ETCカードの申し込み時点において、楽天ポイントクラブ会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の場合は、ETCカード申し込み初年度は年会費無料となります。
次年度以降においても、ETCカード年会費請求月の楽天ポイントクラブ員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の場合、ETCカード年会費無料となります。

楽天カードの基本スペック

カード年会費

永年無料。
家族カードも永年無料。
ETCカードは楽天ポイントクラブ会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は年会費無料に。

カード発行の日数 最短一週間でお届け
カード申し込み基準

18歳以上(但し、高校生は除く)。
学生・主婦・アルバイト・パートの方も申し込み可能。

国際ブランド JCBロゴ VISAロゴ マスターロゴ
ポイント付与

●楽天グループ:100円ごとに4ポイントまたは2ポイント以上
●楽天ポイントカード加盟店: 100円ごとに2ポイント
●街のポイント加盟店:100円ごとに2〜3ポイント
●上記以外:100円ごとに1ポイント

ポイント価値 1ポイント=1円
ポイントの有効期限

最終ポイント獲得月より1年。
ただし、新たにポイントを獲得するごとに、全ポイントの有効期限が1年延長となるので、ポイント獲得が1年以上あかない限り実質無期限となります。

ポイント利用・交換

●楽天グループ・楽天ポイントカード加盟店でのショッピング時に、1ポイントから利用可能。
●楽天Edyへの交換は「1ポイント=1円」。
●ANAマイルへの交換は「2ポイント=1ANAマイル」。

付帯する保険

●海外旅行傷害保険(利用付帯)
 死亡・後遺障害 最高2,000万円
 傷害治療費用 最高200万円
 疾病治療費用 最高200万円
 賠償責任 最高2,000万円
 携行品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
 救援者費用 最高200万円

 

●ネット不正あんしん制度。
●商品未着あんしん制度。

カード発行会社 楽天カード株式会社