クレジットカードの使い方を利用シーン別に解説するサイト

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険の使い方

クレジットカードには付帯サービスとして、保険が付帯される例があります。

例えば、
カードの紛失や盗難時に不正利用された場合に損害を補償してくれる保険、
カードで購入した商品を破損した時に補償してくれる保険、
ネットで不正利用されたときに損害を補償してくれる保険、
これらの保険はクレジットカード会社によって名称が多少違います。

そして、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険などがあります。

クレジットカードによって付帯する保険の種類が異なります

また、保険が付帯しないクレジットカードもあります。

ゴールドカードやプラチナカードなど年会費が高いクレジットカードは、これらの保険がほぼ付帯されていますし、保険金の額も大きく設定されています。
ただ、最近は年会費無料のクレジットカードも保険を充実させているカードも増えています。

このページでは、海外旅行傷害保険についてご説明したいと思います。

クレジットカードの海外旅行傷害保険について

自動付帯と利用付帯
まずは、クレジットカードにより、「自動付帯」「利用付帯」があります。

「自動付帯」とは、何も手続きをしなくても、海外旅行へ出かけた時には自動的にお持ちのクレジットカードの海外旅行傷害保険が適用されます。

「利用付帯」とは、海外旅行へ出かける際に、ツアー商品の代金、あるいは、航空券購入代金などをそのクレジットカードで支払うことを条件に保険が適用されます。

保険金額に注意
海外旅行傷害旅行保険の内容として以下の例があります。

 傷害死亡後遺障害 最高2,000万円
 傷害治療費用 最高50万円
 疾病治療費用 最高50万円
 賠償責任 最高2,000万円
 携行品損害 最高15万円(免責金額3,000円)
 救援者費用 最高100万円

注目して頂きたいのは、「傷害治療費用」「疾病治療費用」です。

多くの場合、海外旅行時に保険が必要になるのは、病気や怪我の時です。
この病気や怪我の時の保険金額が、「傷害治療費用」「疾病治療費用」となるからです。

例えば、損害保険会社の事例として、盲腸で入院した場合、ニューヨーク約240万円、オーストラリア約250万円、ヨーロッパ約100万円などとなっています。
疾病治療費用が最高50万円だと、50万円以上の部分は自己負担となってしまいます。

国内の健康保険によって海外での治療費などを給付してもらえますが、旅行先で全額自己負担したうえ、帰国して手続き後の給付となり、原則的に海外旅行先で受けた治療を同様の治療を日本で受けたと仮定して算出される総医療費の7割までとなっています。

ですので、安心ということを考えれば、「傷害治療費用」「疾病治療費用」は200万円くらいは必要となります。

お持ちのクレジットカードの海外旅行傷害保険の「傷害治療費用」「疾病治療費用」が200万円以下の場合は、別途、海外旅行時に海外旅行傷害保険へ加入された方が安心といえます。
損害保険会社等の海外旅行傷害保険は、空港の海外旅行保険カウンターで加入することもできます。

また、クレジットカードを複数枚持っているとして、すべのクレジットカードに自動付帯で海外旅行傷害保険が付いている場合は、クレジットカード付帯の保険のうち最も高い保険金額を限度として、それぞれのカードの保険から按分して保険金が支払われるということになります。


ですので、クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているからと安心せずに、まずは自動付帯か利用付帯か確認し、保険金額についても確認しておきましょう。