クレジットカードの使い方を利用シーン別に解説するサイト

電子マネーへチャージでクレジットカードのポイントを獲得する

普段の買い物に電子マネーを使うという方は右肩上がりの増加傾向にあります。

電子マネーを使う理由としては、財布からお金を出す面倒がないということと、電子マネーを利用することでポイントが貰えるからという理由も大きいのではないでしょうか。

電子マネー利用によるポイントの獲得をある程度積極的に考えているのでしたら、電子マネーへチャージ(入金)することでもポイントを獲得することを考えると良いです。

利用している電子マネーがクレジットカードからのチャージやオートチャージに対応しているのでしたら、そのチャージやオートチャージ分もポイント付与の対象としているクレジットカードにすると、チャージ時(入金時)と利用時のダブルでポイントを獲得することができてお得です。


交通系電子マネー

首都圏のSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)、そしてKitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん、など全国の鉄道会社を中心になって、IC乗車券へ電子マネー機能を搭載している電子マネーです。

交通系の電子マネーは、SuicaとICOCAを除き、ほぼ系列のクレジットカード以外のクレジットカードからのチャージやオートチャージに対応しておりません。

SuicaとICIOCAは、携帯電話やスマートフォンで利用できる『モバイルSuica』『スマートICOCA』があり、『モバイルSuica』『スマートICOCA』へのチャージでしたら系列のクレジットカード以外のクレジットカードからもチャージ可能となっています。

SuicaとICIOCAも、オートチャージについては、系列のクレジットカードのみとなっています。
例えば、Suicaでしたら、『ビュー・スイカカード』とかです。


流通系電子マネー

流通系電子マネーとして利用者が多いのは、イオン系の『WAON(ワオン)』と、セブンアンドアイ系の『nanaco(ナナコ)』です。

WAON(ワオン)
WAONにチャージやオートシチャージができるのは、ほぼイオンカード系のクレジットカードのみとなっています。そして、それらのクレジットカードからWAONへのチャージやオートチャージ分にはポイントが付きません

ただ、『JMB WAONカード』を利用の方は、オートチャージのクレジットカードとして「JALカード」を登録でき、「JMB WAON」へのオートチャージ分はマイル付与対象となります。
携帯電話・スマートフォンで利用する『モバイルJMB WAON』でもOKです。

つまり、『JMB WAON』+『JALカード』でのWAONオートチャージのみで、オートチャージによるポイントを獲得することがてきます。

JALカードショッピングマイルプレミアムに入会している方は「100円ごとに1マイル」付与、そうでない方は「200円ごとに1マイル」付与となつています。


nanaco(ナナコ)
nanacoは、クレジットカードからのチャージはできますが、オートチャージではありません
1000円以上29000円まで、都度のチャージとなります。

携帯電話・スマートフォンで利用できる『nanacoモバイル』もあります。

nanacoへのクレジットチャージに対応しているクレジットカードは、系列の『セブンカード/アイワイカード』の他にも、『セゾンカード』『JCBカード』『三井住友VISAカード』『UCカード』『ジャックスカード』などがあります。

これらのクレジットカードの中には、クレジットチャージ分はポイント付与対象外としているカードもあります。系列でありながら『セブンカード/アイワイカード』は、クレジットチャージ分はポイント対象外です。


楽天Edy(エディ)

以前はただの『Edy』でしたが、楽天が子会社化し『楽天Edy』となっています。

楽天Edy利用で貯まるポイントは、「楽天スーパーポイント」「ANAマイル」「Pontaポイント」「Tポイント」「Edyコイン」「auポイント」「ヨドバシポイント」「ヤマダポイント」「ビツクポイント」「エディオンポイント」「エポスポイント」「ベルメゾンポイント」「マツモトキヨシポイント」「プレコアムドライバーズポイント」です。
これらのポイントの中からお好きなポイントを任意に選ぶことができます

楽天Edyへのチャージは、ほぼ全てのクレジットカードが可能です。

オートチャージをする場合は、スマートフォンでのおサイフケータイで楽天Edyを使う場合のみ可能で、こちらもほぼ全てのクレジットカードが対応しています。

ただ、楽天Edyへのクレジットカードからのチャージやオートチャージ分もポイント付与対象としているクレジットカードは多くありません。

楽天Edyへのチャージ及びオートチャージ分もポイント付与対象としているクレジットカードは、『リクルートカード』『auじぶんカード』『ソフトバンクカード』『NTTグループカード』『ライフカード』『JMBローソンPonatカードVISA』などです。